中華企画株式会社

インフォメーション

この番組は、おっとり系の菜ちゃんと活発系の美友ちゃんが
毎回交代で地域の魅力を中国語と日本語を交えてリポートする約10分の動画です。

2016年の国別訪日外国人数で中国は637万人で最多。(台湾3位417万人、香港4位184万人) また観光消費額でも中国が全体の39.4%を占めて最大です。

中国webマーケティングラボさんで紹介されました!

2018 / 01 / 10  14:19

[お助け!?モンちゃんZ]と[百聞は一食にしかず!?]

中国webマーケティングラボさんで記事として紹介されました!

ウェイボー(微博/Weibo) 青森のフォロワー数100万人超えの謎

https://lxr.co.jp/blog/5557/

青森県のフォロワー数100万人超えの謎

理由を探るべく調べていくと、動画サイト“Youku”で中国人女子大生“モンちゃん”が爆発的人気を誇ったことにあることがわかりました。

ほとんどの中国人は、青森県を知りませんでした。そこで立ち上がったのが大連出身の女の子“モンちゃん”が、飾らないスタンスで田舎の魅力を動画で配信いていたのです。

インバウンドにおいてはいくら魅力的な観光コンテンツが充実していても、知られていなければ、何も始まりません。そこで、青森では中国の大連市民向けのラジオ番組を作ることになりました。青森県と大連市は2004年に「友好経済交流委員会協定」を締結していたのです。

2011年春に県の委託事業としてFM青森が番組制作をスタートしたのですが、スタッフが3人が選ばれ、その一人が大連出身で2年間青森市の青森中央学院大学で学んだ青森大好きの“モンちゃん”こと本名「金 夢:ジン モン」さんでした。

はじめは音声のみの予定でしたが、メンバーによる会議の結果、動画サービス“Youku(优酷)”に投稿することが効果的だと判断し、動画配信をはじめたのです。そして「日本のインターネットカフェどうなってるの?」篇がブレークのきっかけとなり、2016年にはファンの数が54万人を超え、動画再生回数も1億万回を突破して「2016年最も影響ある旅行家賞」を受賞しました。

その結果、青森県の公式ウェイボーも、中国で大人気の北海道を抜いてしまうほどの躍進ぶりをみせてフォロワー数も驚異的な122万人となったのです。

*****************

青森県のweiboのフォロワー数が北海道を抜いてダントツなのは

モンちゃんの活躍のおかげでは?という記事でした!

2位の北海道の8万2千人に対して、青森は120万人と圧倒的に多いという事です。

嬉しい記事ですが、全てがモンちゃんのお陰だとは思いません。

県のweiboを配信している方の努力の賜物でしょう!

これからもどんどん青森県がそして日本の地方が、中国の人々に

知ってもらえればいいですね!!