中華企画株式会社

インフォメーション

この番組は、おっとり系の菜ちゃんと活発系の美友ちゃんが
毎回交代で地域の魅力を中国語と日本語を交えてリポートする約10分の動画です。

2016年の国別訪日外国人数で中国は637万人で最多。(台湾3位417万人、香港4位184万人) また観光消費額でも中国が全体の39.4%を占めて最大です。

インバウンドNOWさんでモンちゃんが紹介されました!

2018 / 08 / 13  11:14

インバウンドNOWさんでモンちゃんの弘前編の動画が紹介されました!

https://inboundnow.jp/media/knowhow/2477/

中国版YouTube“优酷(Youku)”をインバウンド対策に。オリジナル動画で地方都市の集客へつなげるには

弘前市の事例:中国人のアイドルと動画を作り、再生数は約15万8,000回を記録

青森県の弘前市が、优酷に観光スポットや日本文化を紹介する動画をアップロードし、約15万8,000回という再生回数を記録しています。

その動画の内容や、実際の効果をお伝えします。

弘前市が中国人のアイドルと協力し、日本文化について配信

中国のアイドル「モンちゃん」が日本を紹介するインターネットの番組「〜中国のズッコケアイドル日本珍道中〜お助け?!モンちゃんZ」があります。

このチャンネルではモンちゃんがリポーターとなり、日本の観光スポットや食事、日本の伝統文化の楽しみ方などを紹介しています。2012年からスタートし、今まで配信した動画は163本ほど。2018年7月時点で、

  • チャンネル登録者数:55万人
  • 総再生回数:約1億1,000回

にものぼる、人気チャンネルの1つです。

2015年、青森県の弘前市がモンちゃんを招待し、日本文化を体験する様子の配信に取り組みました。弘前公園の桜まつりに合わせて、以下のようなお花見の楽しみ方を伝えています。

  • 場所取りの方法
  • お弁当や飲み物の準備
  • 後片付けの方法やマナー

优酷とYouTube、2つのチャンネルで配信しています。

YouTubeの動画は、「[中国女子日本旅行]モンちゃん弘前公園のいろんな出店で遊ぶ[弘前]」から視聴できます。YouTubeであれば日本語字幕がついているため、内容がわかりやすいはずです。

動画の再生回数が、1週間で約15万8,000回を記録

桜まつりについての動画を配信したところ、わずか1週間で

  • 再生回数:15万8,000回
  • コメント数:1,300件

という数字を記録しました。

この動画の効果もあってか、2017年度の青森県・弘前市の観光客数は、

  • 訪日外国人:3万8,132人
  • そのうち中国人の数:2万3,236人

と、過去最多を記録しています。

出典:東奥新聞「訪日外国人 弘前宿泊者が3倍以上、中国人は10倍に増加」

反応が良い動画は、弘前市のものだけではありません。モンちゃんの動画は毎回、30万回以上も再生されており、これから日本旅行を考える中国人が、日本の観光スポットや日本食を知るきっかけにつながっています。

このようにYouTubeが活用できない中国でも、优酷を使えば中国人へ日本の魅力を伝えることが可能に。特に訪日中国人はリピーターが多く、すでに東京や大阪といった首都圏は訪問しています。だからこそ、地方都市の動画に興味を持つことが期待できます。

まずは优酷のアカウントを作るところから、始めてみてはいかがでしょうか。

优酷(Youku)のオリジナル動画で観光スポットなどを紹介すれば、地方は集客につながる

ここまでをおさらいします。

优酷(Youku)は、中国の動画サイトです。規制のある中国ではYouTubeのような存在として、毎月5億人が動画を楽しんでいます。

优酷には、インバウンド対策に欠かせない2つの特徴があります。

  • オリジナル動画を中心に配信している
  • アップロードする動画に時間制限がない

実際に青森県の弘前市が、优酷をインバウンド対策として活用した事例を紹介しました。中国のアイドル「モンちゃん」を招待し、観光スポットや日本食を楽しむ様子を配信しています。

弘前市では「桜まつり」に合わせて、

  • 場所取りの仕方
  • お弁当や飲み物の準備
  • 後片付けの方法やマナー

といった日本文化やマナーを伝えた動画を作りました。すると、わずか1週間で約15万8,000回の再生回数、約1,300件のコメントを記録しています。

このように优酷にオリジナル動画を配信すれば、日本に興味のある中国人や、日本が好きな中国人へアピールが可能に。地方都市を訪れるきっかけになることが期待できます。

今回の動画でアプローチした旅行前の段階のことを、インバウンド業界では「旅マエ」と呼んでいます。「旅マエって何だろう」と感じた方は「旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!」で詳しく紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。